ABOUT US


わたしたちは,カトリック教会が性的少数者 (LGBTIQ+) の人々に寄り添うことができるようお手伝いする有志カトリック信徒です.(日本カトリック中央協議会の公式な委員会やデスクではありません).

東京カリタスの家常任理事,小宇佐敬二神父様を始め,性的少数者に御理解のある神父様がたに,御指導いただいています.

2015年夏の活動開始以来,LGBT カトリック・ジャパン (LGBT Catholic Japan) という名称を用いていましたが,2016年11月以降は LGBTCJ を公式名称としています.

神の愛は,誰も排除せず,あらゆる人を包容します.

キリスト教とカトリック教会は,性的少数者 LGBTIQ+ の人々を歓迎しています(『カトリック教会のカテキズム』2358 段落を参照してください).

御自身が LGBTIQ+ の方も,その御家族やお友だちなど御自身はそうでない方も,気軽にわたしたちへ御相談,御連絡ください.

教皇フランチェスコは,2013年に就任以来,LGBTIQ+ の人々をカトリック教会へ積極的に歓迎する司牧姿勢を打ち出しています.

しかし,日本のカトリック教会のなかでは,性的少数者の司牧について主題的に論ぜられたことはほとんどありません.司教様たちも神父様たちも,どうすればよいのかとまどっているのが現状です.

そこでわたしたちは,2015年 8月以来,LGBTIQ+ の人々に向けてカトリック教会の包容性を宣べ伝えるとともに,聖職者や一般信徒に対する啓蒙活動を行っています.

日本カトリック司教協議会の社会司教委員会のなかに,"HIV / AIDS デスク" や "子どもと女性の権利擁護のためのデスク" と並べて,性的少数者のための司牧的配慮に関する委員会を新設してくださるよう,日本カトリック中央協議会にお願いしています.

また,性的少数者のカトリック教会への包容に積極的な神父様がたにお願いして,月に一回,日曜日の午後,LGBTIQ+ の人々だけのための御ミサを,通常の主日の御ミサと同じ形式で立てていただいています.

LGBTCJ 共同代表:

ルカ小笠原晋也:カトリック本郷教会所属信徒.精神分析家,東京ラカン塾主宰.

ペトロ宮野亨:カトリック麹町教会所属信徒.